京浜 盃。 京浜盃とは

【京浜盃2020予想】大井1700mのSII戦です

放牧休養後、いよいよ始動。 過去10年間の払い戻し金データから過去配当の傾向を見てみると、単勝1番人気の成績は3. 最後は離されたものの、3着に粘りこんでいるのは立派。 おはようございます。 0㎏ 本橋騎手 門別からの参戦です。 競走の前哨戦として位置付けられている。 それまでは南関東所属のサラブレッド3歳限定の準重賞競走「ユースカップ」として施行された。 毎年3歳牡馬の有力馬が多く参戦し、のみならず、その年の南関東三冠(羽田盃・・)を占う上で最も重要な競走の一つとして位置付けられている。

>

【京浜盃2020予想】大井1700mのSII戦です

。 2戦目(3着)も前走の全日本2歳優駿(6着)も大きな不利を受けてのもので力を出していません。 前走のニューイヤーカップは優勝したヤマノファイトに4馬身差の2着でした。 回数 施行日 距離 優勝馬 性齢 所属 タイム 優勝騎手 管理調教師 馬主 第1回 1700m 牡4 1分46秒1 大山末治 佐久間有寿 第2回 1700m ダンシンプリンス 牡4 1分46秒7 成田清輔 高橋金次 第3回 1700m タガワテツオー 牡4 大井 1分47秒1 大塚三郎 田川金作 第4回 1700m コーナンルビー 牡4 大井 1分45秒9 遠間波満行 越路玄太 第5回 1700m 牡4 大井 1分48秒0 西川栄二 朝倉文四郎 渡辺泰子 第6回 1700m 牡4 大井 1分47秒7 高橋三郎 秋谷元次 酒巻仁五郎 第7回 1700m 牡4 大井 1分46秒3 山口勲 岡部猛 安西茂人 第8回 1700m マルゼンアデイアル 牡4 大井 1分48秒4 岡部猛 第9回 1700m ハナキオー 牡4 大井 1分47秒3 堀千亜樹 武森辰己 笹井忠一 第10回 1700m クリノロイヤル 牡4 大井 1分47秒7 栗田武 寺田武治 第11回 1700m ナスノダンデー 牡4 大井 1分50秒0 宮浦正行 福島酉次 久保タネ 第12回 1700m 牝4 1分50秒5 福島幸三郎 加藤富保 第13回 1700m アウトランセイコー 牡4 1分49秒0 高橋三郎 廣瀬龍夫 山口克己 第14回 1700m アーバントップ 牡4 船橋 1分49秒4 田部和廣 及川六郎 足立康則 第15回 2月5日 1700m カシワズプリンセス 牝4 川崎 1分48秒1 高橋三郎 高橋正豪 柏木善治郎 第16回 1700m 牡4 大井 1分48秒3 的場文男 栗田繁 河本正男 第17回 2月3日 1700m スペクタクル 牡4 船橋 1分47秒2 濱月睦生 北條傳三 第18回 1700m ジョージタイセイ 牡4 大井 1分48秒7 藤村和生 武森辰己 齊藤哲重 第19回 1700m 牡4 大井 1分45秒4 的場文男 長沼正義 小野誠治 第20回 1700m 牡4 大井 1分48秒2 吉井竜一 飯野貞次 谷川弘一郎 第21回 1700m 牡4 大井 1分47秒7 的場文男 蛯名末五郎 中田和宏 第22回 1700m 牡4 大井 1分48秒0 日浦桂子 第23回 1700m アイアイアスリート 牡4 大井 1分48秒7 中村健二 勝山隆造 第24回 1700m 牡3 船橋 1分47秒4 石崎隆之 稲垣博信 第25回 1690m ノムラリューオー 牡3 船橋 1分48秒4 石崎隆之 野村昭夫 第26回 1690m 牡3 船橋 1分46秒6 石崎隆之 小野スミ 第27回 1700m ベルモントストーム 牡3 船橋 1分47秒6 石崎隆之 第28回 1700m 牡3 船橋 1分46秒0 第29回 1700m サワライチバン 牡3 船橋 1分48秒2 内田博幸 佐藤賢二 相川てる 第30回 1700m トップサバトン 牡3 船橋 1分46秒7 柿本政男 木谷ツヤ 第31回 1700m 牡3 川崎 1分47秒7 内田勝義 第32回 1700m 牡3 船橋 1分47秒9 川島正行 小野誠治 第33回 1700m ジーエスライカー 牡3 大井 1分47秒6 戸崎圭太 栗田裕光 佐藤由佳 第34回 1700m 牝3 船橋 1分46秒5 戸崎圭太 川島正行 第35回 3月28日 1700m パンタレイ 牡3 川崎 1分45秒9 林隆之 伊達泰明 第36回 1700m ジェネラルグラント 牡3 船橋 1分47秒1 出川克己 (有)サンデーレーシング 第37回 1700m 牡3 大井 1分47秒6 森下淳平 (有)辻牧場 第38回 3月18日 1700m オウマタイム 牡3 船橋 1分46秒6 山口裕介 第39回 1700m タービランス 牡3 浦和 1分49秒3 森泰斗 泉俊二 第40回 1700m 牡3 船橋 1分48秒5 森泰斗 佐藤賢二 (株)MMC 第41回 1700m ヤマノファイト 牡3 船橋 1分47秒1 矢野義幸 山口明彦 第42回 1700m ステッペンウルフ 牡3 船橋 1分49秒0 御神本訓史 佐藤賢二 (有)新生ファーム 第43回 1700m ブラヴール 牡3 船橋 1分48秒7 本橋孝太 佐藤賢二 山口圭子 出典:南関東4競馬場公式「京浜盃競走優勝馬」 京浜盃の記録 [編集 ]• 上位人気の馬に隠れてオッズもついており、この馬も押さえたい。 の相方的存在でもある 菊正宗さんをご存知でしょうか。

>

【京浜盃2020予想】本命ヴァケーション

南関東の重賞戦線の常連馬でもあったトーセンアレスの甥っ子にあたります。 出馬表はです。 御神本騎手はデビューから手綱を取り続けてきたノーザン系のブリッグオドーン、転入初戦で圧勝したファルコンビークでは同馬に騎乗。 体重が増えていたのも成長分だったように思います。 それは関係者も感じていたこと。 脚質 逃げ 先行 差し 追込 優劣 優勢 優勢 劣勢 劣勢 外回りコースを使用するので最後の直線は長く、先行馬がペースを上げすぎれば、後続の差しが馬券圏内に届くパターンも多いです。

>

【地方競馬予想】京浜盃(2020年3月18日 大井11R)

2着のクロスケに4馬身差をつける完勝で、クロスケから5馬身後方には3着のトーセンブル。 結果的には、本橋孝太騎手がエスコートをしたヤマノファイト(船橋・矢野義幸厩舎)が、前走に続き重賞連勝を決めました。 直線を向いてからは凄い脚で伸びてきましたね。 しかし全日本2歳優駿上位馬の相次ぐ凡走でレースレベルが以前とは違います。 2着にはコバルトウィング、3着は全日本2歳優駿3着だっ�. 2020年11月26日• 条件に課題は残るものの安定感があるので、馬券には絡めやすい存在です。

>

レース名[京浜盃]のレース検索結果|競馬データベース

船橋のマイル重賞「京成盃グランドマイラーズ」は、京成電鉄の「京成」が入っています。 距離延長は鍵。 4枠06番 ヴァケーション 牡3 56. 最近の投稿• ドイテーにとっては正念場の一戦です。 広い大井コースの方が持ち味を発揮しやすいと見られています。 もう少しやれると思うし、乗り替わりがいいほうに出れば」 〔12〕ファルコンビーク・村上頼師「重賞のメンバーだが、中間も順調にやれているし、1700メートルにも不安はない。 1秒以上も大敗したナイキマドリードを除いては、全て連対しています。

>

京浜盃競走|2018年03月28日

ブラヴールは末脚堅実な差し馬。 事実、 スプリングSは過去5年で4勝と結果を残しているレースだ。 道中は中団から、最後は早々手応えがなくなり伸び切れず。 「返し馬から周りを気にして走っていました。 まだ4戦のキャリアですが、2歳未勝利戦を勝ち、呉竹賞ではのちのUAEオークス3着馬セランから0. ヒロシゲゴールドの全弟で、距離の壁はあるかもしれないが、休み明けの雲取賞でもそれなりに踏ん張っていた。 移籍2戦目の全日本2歳優駿は、後方から終始外を回りながらも、最後はメンバー中最速の38秒7の脚で猛追し、優勝したヴァケーションから0. 気分よく行けるとどんどん速さを増していくような所があって能力は出せると思います。 「前回はまだ重めの所もありましたが、今回は動き自体が変わって、全身を使って走れていますね。

>

京浜盃とは

競馬の面白さを凝縮したコースです。 前述の通り逃げ、先行勢が少ないので、前々で立ち回れるのは大きな武器になりそうだ。 5と、まずまず普通レベルの信頼度はあります。 ではに施行予定が、の影響により開催中止になったため、に順延施行。 藤本現暉騎手が手綱を取り(レースは吉原騎手)、併せたのは笹川翼騎手が騎乗した中央3勝馬のヴィルトファン(この後はティアラカップへの出走予定)で、最後はヴィルトファンに遅れる形でのゴール。 この先行力というか スピードは脅威ですね。 2013年のの2着馬のように、前走がG1、それも不適距離のならばともかく、格下のレースで大敗している場合は軽視したほうがいいでしょう。

>

web Furlong 2019【レースハイライト】第43回 京浜盃

大井の重賞・雲取賞でしたが、結果はあまり差のない5着。 資金はドイテーを多めにします。 「御神本さんの馬(ワグナーコーヴ)に思っていたよりも粘られたので少し焦りましたが、ヤマノファイトもゴールまで脚を使ってくれました」。 今回もスピードの任せた競馬になると思うけど、乗り方は御神本に任せる」(岡林調教師)。 重賞直前情報• 6枠10番 シビックヴァーゴ 牝3 56. 7枠11番 ブリッグオドーン 牡3 56. 脚質 戦法 戦績 3着内率 逃げ 4-1-2-13 35. 検量前に引き上げてきたヤマノファイトの馬上にいる本橋騎手と、特に笑顔も見せずに淡々と話しをしていました。 ここ2戦は 成績だけでなく中身も優秀。

>