顔 認証 検温。 サーモグラフィ 製品ランキング 1~92位

顔認証検温スクリーニング機器「Quick Hygiene Terminal」販売開始|メディカルツーリズム・ジャパン株式会社のプレスリリース

5インチ一体型タッチスクリーンはシンプルな操作で、 検査を迅速に行えます。 サーマル画像と可視画像の同時撮影が可能な2眼カメラで、人物特定が容易! 『サーマルカメラ』は、非接触で測定でき、ウォークスルー検知が可能です。 米政府と直接契約する米国法人や在日米軍と取引する日本企業は800社超。 バイアラート3は黒体炉を常時参照しながら温度補正を行い、高精度な温度測定を実現します。 認証成功:登録されている人物を顔認証しマスクを正常に着用されている場合、認証成功となります。

>

サーモグラフィ 製品ランキング 1~92位

オプション対応 マスクを着用した状態でも顔認証システムは使えます。 人の顔を自動認識(登録者の顔認証機能)、同時にサーマルモジュールで 額の温度を測定、即座に結果を表示、音声にてお知らせまで自動で実行。 5mの距離内で顔認識が可能! 当社では、非接触で発熱を測定できる温度測定・顔認証機能を搭載した 『サーモグラフィカメラ搭載自動ハンドスプレー』のレンタルを行っております。 HESTA Security Gateの活用シーンは、医療機関や公共の交通機関、学校、オフィスビル、飲食店、スーパーマーケット、商業施設を想定している。 申請時に見積書が必要な場合があります。

>

温度測定の精度が±0.2度で複数人の検温と顔認証が可能なセキュリティゲート

参考:日鉄興和不動産プレスリリース 検温とAI顔認証エントランスシステム 不動産分野のAI、IoTを推進するライナフは、オートロックのエントランスに設置するだけで、検温すると同時に、顔認証によってエントランスを解錠する「AI顔認証エントランスシステム」を開発しました。 用途と測定温度範囲で選べる3種類のモデルをラインアップ。 体表温スクリーニング実施により、発熱自覚がある人に対して入場への抑止効果が期待されます。 今だけ!別売PCソフトウェアもお得 熱解析のためのソフトウェア「Thermal Studio」も期間限定価格で販売いたします。 オフィスや商業施設、学校など、ウイルスや細菌の感染防止対策に。 職場などでも、朝の忙しい時間の中での検温という、少しの時間でさえ短縮できます。 逆に、最新の対策が施されたマンションで、住民全員が地道な努力を続けることができれば、マンションの安全・安心につながります。

>

顔認証+自動検温システム

導入コストが高い• AI技術を搭載し、マスク越しでも認証可能!顔を検知してから1秒以内に結果を表示します 『SSE-KSDTシリーズ』は、勤怠管理、ゲート、扉との連動が可能な 顔認証サーマルデバイスです。 ・ユーザ一覧で表示されているユーザ情報をCSV出力することができます。 コロナ対策、感染予防、クラスター対策に最適。 領収書をご希望の場合につきましては、こちらの機能よりお客様にて発行・印刷を行って頂く必要がございます。 2C)をモニタリングしながら「リアルタイムで温度測定センサを校正」しているため、周りの温度変化に左右されず、高精度、正確に温度を測定することが可能です。 当社では温度測定を行う事による接触リスクの回避や発熱の疑いがある人をいち早く検知する事による水際対策としても有効な非接触型サーマルカメラをご紹介します。

>

顔認証付き検温器「QHT」

お問い合わせもお気軽にどうぞ。 FLIRのクラウドサービスFLIRIgniteへの接続で、データの転送・保存・ バックアップが可能。 顔写真や名前等は事前登録可能で、検出ログはタブレット内に保存されます。 監視員不要で運用可能• いくら先進的なシステムがあっても、住む人一人ひとりが新生活様式を遵守しなければ、上手の手から水が漏れることになります。 通常のマンションのように玄関から、廊下を経てリビングに向かう動線のほか、玄関のたたきから居室スペースなどを通らずに、直接洗面所、浴室に進める動線を確保しているのです。 体温測定や診断目的での温度検知には、医療機器を使用して下さい。

>

顔認証付き検温器 クイックハイジーンターミナル

顔検知AI搭載検温装置【ミハル】 確実な検温で施設の感染症拡大リスクを見張ります!日本語インターフェースで快適運用。 高速処理により0. 複数のメディアが報道 [ JBpress ] 米国がファーウェイなど中国5社排除、日本への影響 日本でも中国の通信機器メーカー5社の製品・サービスの利用は事実上できなくなる。 AI技術を搭載し、マスク越しでも認証可能となっております。 測定誤差はプラスマイナス0・5度Cで、測定時間は約1秒。 必要な機能を厳選し、低価格に抑えることに成功しました。

>

温度測定の精度が±0.2度で複数人の検温と顔認証が可能なセキュリティゲート

払い込み用紙の控えである「払込受領書」が領収書になります。 非接触でリスクを軽減!利用者に安心して施設を利用してもらう手段として好適です 『アクセスコントロール&サーマルAIカメラ』は、表面温度を瞬時に計測し、 AI顔認証による人の管理も可能です。 グループ、個人別検索機能 グループ名や個人名による時刻、体温などの検索が可能です。 (あくまでスクリーニングのための体表面温度測定) ユーザー情報と体温情報と時刻情報もデータとして確認することが可能です。 CCUSの普及・展開をサポート 『Buildee』は、「CCUS認定システム」として就業履歴情報をはじめ、事業者・技能者情報、現場・契約情報、施工体制情報等の情報をCCUSに連携しています。 AIによる顔認証と同時に自動検温され、作業員の健康状態を把握することができ、現場の感染症予防にも活用できます。

>

顔認証サーマルデバイスの販売を開始

。 来客者のプライバシー保護や他の入退室システムと一体化した運用も可能。 リアルタイム温度補正機能を備えた「バイアラート3」は周辺環境の温度変化に左右されない、高精度な非接触式の体表温度測定システムです <非接触式サーマルカメラが抱える問題とは?> 一般的なサーマルカメラ式の非接触体表温度測定器は、 周辺環境の温度が測定温度へ影響を与えてしまうという問題を抱えています <黒体炉による温度補正機能> 周辺の温度環境の影響を受けずに測定するには、 常に一定の温度を発する「黒体炉」と呼ばれる温度補正装置が必須です。 マスクをしていても個人認証が可能で、入退室管理などと連携して記録できる。 AIによる顔認証と自動検温 『BANKEN FACE』は、顔を向けるだけで余計な操作は伴わず、ハイスピードでスムーズな入退場管理を実現できます。

>